引っ越しの繁忙期の悲惨な現実

繁忙期の引越しはあまり良いことがありません

 

新人作業員

引っ越し繁忙期(シーズン)は料金が高いだけでなく、お客様にとって引越し業者へ予約するのに不利なことがたくさんあります。ここでは元引越し屋から見た繁忙期の悲惨な現実を紹介します。

 

 

繁忙期の引越し作業員は新人ばかり

繁忙期の引越しは新人が多い

引越し繁忙期の需要は普段の月に比べても3倍近くになります。そのため普段は正社員だけで作業をする引越し業者であっても緊急にアルバイトを大量に募集します。

 

たとえアルバイトであっても、それなりに日数をこなせば作業的には問題ありません。しかし繁忙期の引っ越しは厳しい現場の連続のため長続きしないアルバイトが続出します。3名、4名の作業員の内に1人は新人という内容の現場が続きます。

 

当然、作業の質も低下しイージーミスによる荷物や家屋の破損の割合が高くなります。繁忙期の引っ越しは通常期と比較しても作業の質が低いのです。

 

予定時間にトラックが到着しない

トラックが遅刻

繁忙期の引越しでは少しでも多くの現場をこなすために、午後便やフリー便を提案されることが普段の月以上に多くなります。午後便は13~14時到着を基本とする場合が多いですが、この時期に限っては大幅に遅れることも珍しくありません。

 

1時間程度ならまだしも2時間3時間遅れなんてこともよくあります。当然、作業完了時刻も遅くなり夜中の9時や10時なんてざらです。新居に引っ越ししてきたばかりで、そんな時間帯にうるさくするのは今後のご近所さんとのつきあいにも影響が出かねません。

 

引越し料金がシーズン価格でとにかく高い

繁忙期の引越し費用は高すぎて

繁忙しているために作業員が新人ばかりで作業が遅くなることが多いのに、料金だけは高いのが繁忙期の引っ越しです。需要がとてつもなく多く、引越し業者側からすれば、断っても断っても問い合わせがくるので、提示される見積もり額も高くなります。

 

そもそも、この時期はちょっと問い合わせが遅れただけでもトラックの予約すらままならないのです。できることなら避けるのが繁忙期の引越しの本音かもしれません。
参考:引越し難民が多発する3月の予約は要注意

 

繁忙期の引越しはできれば避けたい

 

日程をどうしても変更できないなら一括見積もりサイトを使って多くの引越し業者から条件を聞きましょう。

 

当サイトおすすめの一括見積もり

引越し侍公式サイト
>>繁忙期に引越し業者を選ぶならこちら<<


全国269社の引越し料金を比較して、費用が最大50%安くなる!10万円のキャッシュバックや高級家電のプレゼントでさらにお得。

 

引越し侍なら大手引越し業者の料金も安くなる
アート引越センター
サカイ引越センター
日通
アーク引越センター
アリさんマークの引越社
ハート引越センター

 

中小の引越し業者も多数参加(一部抜粋)
学生・単身引越ならハートフル!
博多引越本舗(北九州引越本舗)
空間引越センター
グッド引越センター
なかむらトランスポート引越センター
引越のキング
ジョイムービング
プレミアム ストレージ サービス(チトセ引越センター)
ワンツーランド
ジョイン引越ドットコム
はましお引越しサービス
カメの引越便
ハンディーズ
エール引越センター(北海道)
引越のヒロセ
引越まにあ
ユーミー引越サービス
やさか引越センター
SGムービング
トランス引越センター
引越しの楽さす
引越のドリーム
ホームワーク引越サービス
ミツミライフ
ジャック引越センター
日本ピーディ株式会社
ハロー引越センター
東京ムービング
介護・福祉の引越専門 Ny エヌワイサービス
JRC日本引越センター

参考サイト:【脱・引越し難民】引越し繁忙期でも料金を安くするコツ

 

合わせて読みたい

 

Twitter Facebook はてブ LINE Pocket Google+